トップページ >  > 女性ホルモンの増やし方

女性ホルモンの増やし方



●女性ホルモンの役割
女性ホルモンにはエストロゲン、プロゲステロンがあります。薄毛対策で特に大事なのはエストロゲンです。女性ホルモンには育毛作用だけでなく、肌もきれいに保つ作用、骨組織を作る作用、血流改善作用などがあります。

女性ホルモンの仕組みですが、脳の視床下部にある性腺刺激ホルモンが分泌し、それに応じて下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌します。卵胞刺激ホルモンによって卵巣が刺激され、エストロゲンが生成される仕組みになっています。エストロゲンは30代後半から少しずつ減少します。ここでは女性ホルモンを増やす方法について紹介します。

女性ホルモンの増やし方 食べ物



女性ホルモン作用のある食事と言えば大豆食品です。大豆に含まれるイソフラボンには骨密度低下を予防する作用、更年期症状の軽減、美肌作用などがあります。大豆食品には豆腐、豆乳、きな粉、納豆などに豊富です。

そのほか、青魚に含まれるDHA,EPAなどもおすすめです。DHA、EPAには血流改善作用があり、卵巣の活性化に欠かせません。ホルモンバランスの改善にはビタミンB6も有効です。ビタミンB6はさんま、まぐろ、バナナ、レバーなどに含まれています。

女性ホルモンにおすすめのサプリメント



●エクオール
エクオールはイソフラボンに含まれるダイゼインから作られる成分でう。イソフラボン以上に女性ホルモン作用があります。エクオールを産生出来る人は女性の約50%程度です。エクオール産生者かどうかはソイチェックで調べる事が可能です。(参照:ソイチェックキットについて)。エクオールはサプリメントで摂取することが可能です。大塚製薬のエクエルをはじめ、アンファーのホルモーナなどが有名です。注意点として妊娠中、授乳中は摂取しないでください。

●プエラリア
女性ホルモン成分のあるサプリメントとして「プエラリア」があります。プエラリアはバストアップサプリとしても人気です。植物エストロゲンが豊富に含まれており、ホルモンバランスの改善をサポートします。プエラリアも妊娠中や授乳中は摂取しないでください。

●マカ
マカはアンデス山脈に自生するカブに似た植物です。マカにはホルモンバランスを改善する作用があり、更年期症状を緩和する作用があります。その他、細胞を活性化する作用や血流を改善する作用などもあります。

卵巣活性化



●食事
女性ホルモンを増やすには卵巣を活性化する必要があります。生理不順や冷え性なども血流が悪いと起こりやすくなります。血液に欠かせない栄養分に鉄があります。鉄分は赤みのお肉や魚に豊富に含まれています。その他、血液改善作用のある青魚、食物繊維、納豆なども意識して摂る事をおすすめします。

●適度な運動
体を動かすことで血液の循環がよくなり、卵巣に血液が届きやすくなります。運動は無理をせず、ストレッチやウォーキングなどを継続することが大切です。きつい運動を週に1回よりも、10分程度の軽い運動を継続することが大切です。

●女性ホルモンの役割 女性ホルモンにはエストロゲン、プロゲステロンがあります。薄毛対策で特に大事...