トップページ >  > 活性酸素と育毛促進

活性酸素と育毛促進



活性酸素は加齢、ストレス、紫外線、喫煙などによって発生し、体の老化を引き起こします。動脈硬化の原因となる血管年齢の増加やシワやたるみなどの代謝低下、アレルギー、ガンまで関わっています。血行不良や代謝の低下は髪の毛の成長にも影響します。ここでは活性酸素を阻害しるスカベンジャーについて紹介します。

●カロテノイド

カロテノイドとは脂溶性の抗酸化成分(スカベンジャー)です。細胞膜や脂質の部分にかる活性酸素を阻害する働きがあります。紫外線による活性酸素をはじめ、眼病や生活習慣病に有効です。緑黄色野菜や赤い魚介類に豊富に含まれています。

・アスタキサンチン
アスタキサンチンは鮭や蟹、イクラなど赤い魚介類に含まれる抗酸化成分です。カロテノイドの一種で非常に強い抗酸化作用があります。脂溶性のカロテノイドで体中の細胞膜で活性酸素の阻害をサポート。サプリメントや化粧品など幅広く使用されている成分です。

・リコピン
トマトに含まれるカロテノイドで、非常に強い抗酸化力があります。紫外線による活性酸素を阻害し、血行不良の原因となる過酸化脂質の発生を予防します。

・ベータカロチン
ベータカロチンは緑黄色野菜(ニンジン、ほうれん草、カボチャなど)に豊富な抗酸化成分です。過酸化脂質の発生を予防する働きに加え、ビタミンAに変換されて夜盲症を予防する働きもあります。

・ルテイン
ルテインはマリーゴールドに含まれるカロテノイドの一種です。白内障予防に優れた作用を発揮するサプリメントとしても人気です。

●ポリフェノール

ポリフェノールは水溶性の抗酸化成分です。血液中の活性酸素の阻害に優れています。水溶性のため、即効性があります。ただ、一定時間で体外に排出されるため、持続性はありません。継続的に摂取する事我重要になります。ここではポリフェノール配合の栄養分について紹介します。

・アントシアニン
ブルーベリー、ぶどうなどに含まれる抗酸化成分です。血流改善作用をはじめ、目の機能改善をサポートします。

・カテキン
緑茶に含まれる抗酸化成分です。抗菌作用や血流改善作用があります。

・イソフラボン
大豆に含まれる成分です。イソフラボンにはホルモンバランスの改善作用をはじめ、血流改善作用や腸内環境の改善作用があります。

活性酸素は加齢、ストレス、紫外線、喫煙などによって発生し、体の老化を引き起こします。動脈硬化の原...