トップページ >  > 育毛メソセラピーで薄毛対策

育毛メソセラピーで薄毛対策

育毛メソセラピーとは発毛促進カクテルと呼ばれる液体を注射や電機パルスなどを使って浸透させる薄毛治療法です。美容外科をはじめとする薄毛治療クリニックで行われています。発毛促進カクテルについては、クリニック毎に違いがあり、使われている成分が若干違います。



メソセラピーで多く使われるのが成長因子と呼ばれる成分です。成長因子はサイトカインと呼ばれるタンパク質の一種です。特に薄毛対策で使われるのがVEGFと呼ばれる血管新生作用のある成長因子、毛母細胞を活性化するIGF,FGF、毛包の再生をサポートするHGFなどがあります。これらの成長因子を注射することで、眠っている幹細胞を刺激し、毛包を活性化します。

成長因子によって幹細胞が活性化することで、休止期にある毛根が成長期に移行します。女性に多い休止期脱毛には非常に有効です。さらに、成長期を伸ばす働きもあるので、抜け毛改善にも有効です。発毛促進カクテルにはその他にも、血管を拡張する作用があるブフロメジル、代謝を促進するビタミンB郡、コエンザイムQ10なども配合。毛根への栄養補給、細胞の活性化を促進し、育毛をサポートします。

メソセラピーの薄毛治療には注射による注入が一般的です。麻酔を使用することで、痛みを回避します。細菌では電気パルスをあてることで浸透させる方法もあります。さらに、レーザーで極小の穴を開け、薬液を浸透させる方法もあります。注入方法については、クリニックによって異なルので、確認する必要があります。

メソセラピーを行っているクリニックには湘南美容外科、東京ビューティークリニック、ガーデンクリニックなどがあります。費用は1回あたり7万~8万円程度かかってきます。また、メソセラピー治療は3回から6回程度が一般的なので、費用はかなり高額になってきます。

育毛メソセラピーとは発毛促進カクテルと呼ばれる液体を注射や電機パルスなどを使って浸透させる薄毛治療...