トップページ >  > プレ更年期対策

プレ更年期対策



30代でもプレ更年期と呼ばれる症状があります。生理不順をはじめ、冷え性、肩こり、不眠など、更年期のような症状が現れます。プレ更年期の過渡のストレスやダイエットが原因と考えられています。女性ホルモンのバランスが乱れると、血流や代謝が悪くなり、毛髪のハリ、コシの低下や抜け毛の増加などの症状も発生します。ここではプレ更年期を改善する方法について紹介します。

●プラセンタ
プレ更年期のホルモンバランスの乱れにおすすめなのがプラセンタです。プラセンタにはプラセンタ注射やサプリ、ドリンクがあります。注射は更年期になる40代以降がおすすめです。プレ更年期には手軽に服用できるプラセンタサプリがおすすめです。プラセンタサプリは馬や豚があり、馬プラセンタの方が栄養が豊富に含まれています。ホルモンバランスの改善作用や代謝を活性化する作用があり、薄毛対策をサポートします。

●イソフラボン
食事で手軽に補給できるのが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た作用があり、ホルモンバランスの改善をサポートします。さらに、大豆に含まれるサポニンには血流改善作用もあります。

●ビタミンB6、亜鉛
女性ホルモン対策ではビタミンB6や亜鉛もおすすめです。ビタミンB6,亜鉛には女性ホルモンの分泌をサポートする作用があります。さらに、亜鉛にはタンパク質合成作用があり、育毛対策にも欠かせない栄養素です。ビタミンB6はバナナ、レバー、まぐろ、カツオなどに含まれています。亜鉛は牡蠣、カニ、牛肉、玄米、納豆などに含まれています。

●ヨーグルト
ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれています。乳酸菌には腸内環境の改善作用をはじめ、免疫力の向上、アレルギー抑制作用などがあります。腸内環境が改善すると、大豆イソフラボンなどの栄養を吸収しやすくなり、ホルモンバランスの改善をサポートします。

●睡眠、ストレス解消
睡眠不足やストレスはホルモンバランスの乱れを引き起こします。睡眠不足が続くと自律神経が乱れ、ホルモンバランスの分泌も低下します。睡眠は6時間程度は取る事が大切です。子育て中は長時間の睡眠は取れないため、赤ちゃんと一緒に寝ることで睡眠時間を確保する事が大切です。ストレスは男性ホルモンを増やします。適度に人と話したり、趣味に没頭したり、新聞紙を破ったりするなど、自分なりのストレス解消法を取り入れる事をおすすめします。

30代でもプレ更年期と呼ばれる症状があります。生理不順をはじめ、冷え性、肩こり、不眠など、更年期...