トップページ >  > 産後の脱毛について

産後の脱毛について



産後の脱毛は女性ホルモンの影響で抜ける脱毛症です。妊娠中は女性ホルモンの分泌が豊富になり、髪の毛のヘアサイクルは長くなります。出産すると女性ホルモンの分泌は通常に戻り、これまで成長期だった髪の毛が退行期、休止期に移行します。いつもより多くの髪の毛が抜けるのは自然な事です。

産後脱毛は放っておいても3ヶ月から6ヶ月ほどで新しい髪の毛が生えてきます。半年経っても髪の毛が戻らない場合は皮膚科などに相談することをおすすめします。産後の抜け毛を気にしすぎてストレスになると、血行不良を引き起こす事があるので注意してください。また、育児による睡眠不足なども成長ホルモンの分泌が減少し、細胞の活性化力が弱くなってしまいます。

・2度目の出産による抜け毛
2人目のお子さんを出産した際にも抜け毛が発生する方もいます。 出産をすると女性ホルモンが乱れやすいので、髪が抜けてしまいます。 1人目の出産を経験しているお母さんは産後の抜け毛を経験し、しばらくすると元に戻ることから、まり不安にもならないかもしれません。

ですが、中には2人目の産後の方が抜け毛が悪化してしまったというケースもあるようです。抜け毛の原因はホルモンの変動だけでなく、日頃の疲労やストレスも関係してくるので2人目を出産した後は抜け毛が酷くなることがあるのです。 そして1人目の時と比べると2人目の出産の頃は年齢も重ねていることが抜け毛の原因になっているケースもあります。

・出産で抜け毛が増える理由とは
産後の抜け毛の大きな原因は女性ホルモンの分泌の変動によって起こります。 では2度目の出産で抜け毛が多くなる理由はなんでしょうか。 不眠や育児ストレス、血行不良、そして無理なダイエットなどが原因となっていることがあります。 産んだ子供の育児や出産後のダイエットによって女性は頭皮にトラブルを抱えることがあるようです。出産後の抜け毛がだいぶ減ってくると、規則な生活をしてきたことに気づくお母さんも少なくはないと言います。薄毛が気になる場合、睡眠や食事の改善に加え、女性用の育毛剤を使用してみるのもおすすめです。

・年齢を重ねることで抜け毛が増える
抜け毛の大きな原因としてやはり年齢も関係していることがあります。 2人目の出産となると、30代以上で産む方も多く、高齢出産になってきます。 体への負担も大きくなるので、1人目と比べると抜け毛も増えてきます。 出産後は2人の子供のお世話で忙しくなり、体にも負担がかかります。産後しばらくすると、元に戻っていた髪が、なかなか戻らない場合、血流改善作用のある女性育毛剤の使用やプラセンタサプリなどの服用をおすすめします。

産後の脱毛は女性ホルモンの影響で抜ける脱毛症です。妊娠中は女性ホルモンの分泌が豊富になり、髪の毛...